嫌な表情はしない安心感を覚える本当の笑顔の意味とは

笑顔は表情の一種です。

昔から何かしらの意味はあると言われているのですが果たしてどのような意味があるのでしょうか?
今回は笑顔について紹介したいと思います。

笑顔は全ての人間を受け入れるという意味です。
どのような人間が来たとしても苦虫を噛み潰した表情は一切出さないで手厚くおもてなしをしないといけません。

例えば生理的に受け付けない人がアナタの自宅に訪れたとしましょう。
その人とアナタは昔からの幼馴染です。
楽しい思い出を作ればまた会いたいと思うのですが反対に嫌な思い(いじめ等)出しかなければ何だか会いたい気分ではないかと思いますその気分のまま相手を迎えてしまうと非常に不愉な思いをします。
更に昔の事を持ち出せば「いつまでも根に持つタイプ」と認識されてしまうのです。
自分は頑として嫌な表情はしないと弁明しますが知らず知らずのうちに表に出てしまっているんですよ。
ですから過去は過去の事と割り切って嫌な表情はしないで下さい。

接客業の場合でもそうです。
接客業といっても色々とあります。
ですので続いては仕事別に紹介していきますね。

まずは飲食店からいきたいと思います。

飲食店を経営していれば良い客だけが来るとは限りません。マナーの悪い客が来ることもありましょう。
態と皿を割ったり周囲の目も気にせずに大声で店員さんを呼びオーダーを頼んでくるのです。
そのような迷惑行為しかしないと分かれば次第に腹が立ってくるかと思います。
でもその怒りは心の中だけに留めておいて下さい。
どんな迷惑行為をされても店に来てくれている以上はお客さんなのですからね。
常に笑顔で対応しないといけないのです。

次にキャバクラですがキャバ嬢は露出度の高い服を来て相手をもてなさなければいけないのです。
キャバクラに来店してくる人は大半がどこかでいっぱい引っかけてきた酔っ払いが多いんですよ。
酔っ払いはお気に入りの子を選んではスキンシップという名目でいやらしく太ももなどを触ってきます。
あまりにも執拗に触ってくるので思い切って「やめて下さい」と言うとやめてくれるのですが今度は肩に凭れ掛かってくるのです。
どれだけ精神的な苦痛なのかは、みなまで言わなくても分かるでしょう。
そのような状況下で感情に身を任せて冷たい態度をとってしまうと興ざめして帰ってしまいかねません。
ですが感情に身を任せてはいけないのです。

いくらいやらしいことをしてもシャンパンタワーを頼んでくれたり自分に奢ってくれたりしてお金を湯水のごとく使ってくれますので笑顔の対応を心がけるようにします。

このような対応をすると相手は安心感を覚える事でしょう。
すると、また来たくなるという気分になってくれるんですよ。
常に怒らなければお客さんも「このような事をしたら嫌がるんだな」と自覚していきます。
すると次に来店した時には迷惑な行為などは一切しなくなるという訳です。

お勧めサイト

ビューカード 現金化
1000円単位でポイントが2倍貯まるので買い物なども楽しめますね♪♪